オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

奈良市で雨漏りの屋根のリフォーム工事!


工事のきっかけ

長屋の大家ですが、借主さんから雨漏りがして困ると言われて、一旦は自分で応急処置しました。

しばらく、雨漏りは止まっていたのですが、時間が経って覆っていたブルーシートが剥がれ、再び雨漏りし始めたので、ネットで見かけた『街の屋根やさん奈良店』に連絡しました。

無料点検なのにすごく丁寧に隅々まで見てくれて、こちらの要望を聞きながらリフォーム工事を提案してくれたので、お任せすることにしました。

奈良市 屋根葺き替え,その他の工事 波板部分補修

ビフォーアフター

before
奈良市のリフォーム前の雨漏りの瓦屋根
horizontal
after
奈良市の長屋の屋根をガルテクトにリフォーム

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え,その他の工事
施工期間
10日間
使用材料
スーパーガルテクト
施工内容その他
波板部分補修
築年数
築34年
保証年数
10年
工事費用
185万円
建坪
24坪
ハウスメーカー
こんにちは!街の屋根やさん奈良店です。

今回は、雨漏りの瓦屋根をガルテクト屋根にリフォーム工事した現場の様子をご紹介します。

奈良市の長屋の大家さんから、「瓦屋根から雨漏りしているので、見に来てほしい」とご連絡をいただき、無料点検のためリフォーム現場にお伺いしました。

リフォームが必要な長屋の屋根は切妻の青色釉薬瓦屋根で大棟から雨漏りしており、応急処置としてブルーシートで覆われ、土嚢袋で固定されていましたが、応急処置されてから時間が経って、ブルーシートの隙間から浸水し、再び雨漏りが始まりまったそうです。

無料点検の結果、屋根のリフォーム工事として葺き替え工事を行うことになりました。 

リフォーム現場の屋根の無料点検の様子からリフォーム工事完成までをご覧ください。

リフォームが必要な屋根の無料点検を始めます

リフォーム前の屋根の雨養生をしている大棟のようす

奈良市のリフォーム前の雨漏りの瓦屋根
リフォーム現場のこちらのお宅は、3軒続きの長屋で、屋根の形状は切妻屋根でした。

雨漏りしている大棟にはブルーシートが被せられて、土嚢袋の重しが乗せられ、重しのない部分はガムテープで留められていました。

雨漏りに気付いてリフォームを依頼する前にご自分で応急処置をされたそうですが、そこから随分時間が経ってしまい、ガムテープは粘着力を失い、ブルーシートが風でなびくようになりました。
そして、ブルーシートの隙間から雨水が侵入して、せっかく応急処置したにもかかわらず再び雨漏りが生じてしまったということのようです。

リフォーム前の屋根の桟瓦の様子も見てみましょう

奈良市のリフォーム前の雨漏りの瓦屋根の桟瓦の様子
リフォーム前の屋根の桟瓦の様子も見てみましょう。

一見とてもきれいな青色釉薬瓦屋根に見えますが、よ~く見ると所々で桟瓦が欠けていたり、ひび割れていたりしています。
以前に桟瓦から雨漏りしたことがあったそうで、その際に瓦に施工したコーキングの跡も見られました。

リフォーム工事の1つとしてのコーキングについては様々な意見がありますが、当店では雨漏りしている瓦屋根のリフォーム工事の手段としてのコーキング工事をおススメしていません。
なぜなら、コーキング工事を行うことで、屋根内部に侵入した雨水が排出できなくなり、結果的に雨漏りが酷くなってしまう可能性があるからです。
また、一度コーキングを施した瓦は、部分補修ができないというデメリットもあります。
コーキング工事をした瓦屋根をリフォームするには、葺き替え工事しか選択肢がないのです。
奈良市のリフォーム前の長屋の隣の瓦屋根との取り合い
リフォーム工事をしないお隣の屋根も同じ青色釉薬瓦屋根ですが、1段高くなっていて取り合い部分がになっているので、雨漏りしやすくなります。
工事によってお隣のお宅に雨漏りを生じさせるなどのご迷惑をおかけしないように、特に慎重に作業しなければなりません。

無料点検を終えて、写真をご覧いただきながら状況をご説明させていただき、屋根をリフォームするために屋根葺き替え工事をご提案したところ、ご決断いただきましたので、リフォーム工事の工程へ移ります。

瓦屋根のリフォーム工事は『ガルテクト』への葺き替え

奈良市のリフォーム前の長屋の雨漏りの応急処置済の釉薬瓦屋根
雨漏りを止めることはもちろんですが、屋根の軽量化を図るためにも、新しい屋根材は耐久性と耐震性に優れた『ガルテクト』へリフォームすることになりました。

『ガルテクト』って聞いたことありますか?

『ガルテクト』は、アイジー工業という会社の扱っている今一番人気の金属屋根材です。
安価な外国製の金属屋根も数多く施工される中、『ガルテクト』は純国産品であるため、安定した供給や保証が期待できる安心な屋根材なのです。

『ガルテクト』が人気の秘密は・・・
・素材がガルバリウム鋼板なので錆びにくく、メンテナンスコストが抑えられる。
・軽量なため、地震の際の揺れ幅が小さくなり、耐震性が高くなる。
・金属屋根なのに遮断性や遮音性に優れていて、夏は涼しく冬は暖かく、雨音も気にならない。
そんなメリットだらけの屋根材なのです。

敢えてデメリットを挙げるなら、他の屋根材に比べて少し値段が高いということくらいでしょうか。
それでも、長期に渡りメンテナンスが不要であることを考えると大したことありませんよね

リフォーム屋根から続くベランダの割れた波板屋根の点検

奈良市のリフォーム前の割れた波板屋根
リフォーム屋根から続くベランダの波板屋根です。

こちらの波板はFRP製(プラスチックにガラス繊維を混ぜて強化させたもの)で、一部割れていて別の波板を貼り付けて補修してありました。
劣化してすっかり白くなってしまい、よく見ると、傘釘も所々で浮いたり抜けたりしていますね。

お客様のご要望で、FRPより強度の高いポリカーボネート製の波板で割れた波板の部分補修もさせていただくことになりました。

瓦屋根リフォーム工事

リフォーム工事の始まり、瓦を撤去していきます

奈良市のリフォーム工事中の長屋の瓦撤去
リフォーム工事の始まりはまず、雨養生のために被せていたビニールシートを外して、大棟の棟瓦から撤去していきます。

釉薬瓦は、粘土瓦の表面の釉薬がガラス質になっているため、水が浸透せず長期間メンテナンスの必要がないので、耐用年数は50年から100年とも言われています。
すごいですね!

ただ、釉薬瓦はお茶碗などと同じ陶器なので絶対に割れないというわけはなく、雨風の影響や飛来物の衝突などの衝撃を受けることで割れてしまいます。
強風や地震などの自然災害によってズレが生じることもあります。
また、雨水の屋根下地への侵入を防ぐための下葺き材の耐用年数は、瓦屋根程長くはありません。

以上のような理由から、耐用年数の長い瓦屋根であっても定期的な点検は必要です。
奈良市の長屋のリフォーム工事中、土葺きの瓦屋根
リフォーム工事中の屋根の棟瓦を撤去したら、桟瓦も丁寧に1枚ずつ撤去していきます。

こちらの屋根は土葺き工法で施工されているので、瓦を剥がすと大量の葺き土が出て来ました。

釉薬瓦は約2.7㎏/枚です。1坪当たり56枚。
瓦の下には葺き土。和瓦屋根が重いと言われる所以です。
奈良市の長屋のリフォーム工事中、葺き土の様子
リフォーム工事中の屋根から撤去した和瓦を落下させないように注意しながら、土嚢袋に詰めていきます。
和瓦の袋詰めが完了したら、今度は葺き土の袋詰め。

屋根の葺き替え工事の工程の中でも、最も体力を要する作業です。

重い屋根が原因で、地震の際にたくさんの家屋が倒壊したとすっかり悪役になってしまった瓦屋根。
個人的には趣があって好きなんですが、お客様には耐震性の面からも屋根の軽量化が図れる金属屋根をおススメしています。

リフォーム工事中、和瓦と葺き土を全て取り除きました

奈良市のリフォーム工事中、古い防水紙の様子
リフォーム工事の工程で瓦と葺き土を全て取り除いた屋根の様子です。
微かに黒く見えるのは古くなった防水紙ですが、劣化のため、あちこち破れていますね。

今雨が降ったら、絶対に雨漏りします!

工事を中断する場合は、ブルーシートでしっかりと屋根を覆い、雨養生しておきます。

工事中も常に細心の注意を払い作業していますので、ご安心くださいね。

リフォーム工事中の屋根の傷んだ防水紙を取り除きます

奈良市のリフォーム工事中、古い防水紙の撤去
リフォーム工事中の屋根の傷んだ古い防水紙を取り除いていきます。

古い防水紙の下の古い野地板バラ板でした。

土葺き工法の瓦屋根に使用されている野地板は、ほとんどがバラ板です。
バラ板とはその名の通り、サイズがバラバラで隙間なく貼り合わせることはできませんが、通気性が良く、バラ板の素材である杉は乾燥しやすいので、屋内の湿気や熱気を排出し、その結果、屋根が長持ちするというメリットがあります。

その反面、野地板に隙間が出来ることから、防水紙の劣化によって途端に雨漏りが生じてしまったり、強度が低いなどのリスクがあります。

リフォーム工事中の屋根裏の状態を点検します

奈良市の長屋のリフォーム工事中、和瓦屋根の屋根裏の様子
リフォーム工事中の屋根のバラ板を一部取り除いて、屋根裏の状態を点検します。

バラ板には著しい劣化や腐食などの傷みは見受けられませんでした。
バラ板の傷み具合を見て、桟瓦の雨漏りが無かったことは確認しましたが、垂木や屋根裏などの確認は屋根のリフォーム工事の時にしかできませんので、必ず確認してもらいましょう。
奈良市の長屋のリフォーム工事中、和瓦屋根の屋根裏清掃
屋根裏を開放したので、この機会に掃除をすることにしました。

埃や泥汚れが大半で、掃除しただけで随分綺麗になりました。

屋根裏の点検によって、雨漏りがなかったことを再確認することが出来ました。

屋根リフォームの重要作業、古い野地板の『不陸調整』

奈良市の長屋のリフォーム工事中、瓦屋根の不陸調整
古い野地板のバラ板に著しい傷みがないことが確認されたので、バラ板を撤去せずその上に新しい野地板を貼る『増し張り』で施工します。

土葺き工法の瓦屋根では、瓦と葺き土の重さによってほとんどのバラ板に歪みや凹凸が出来てしまいます。
凹凸が出来てしまった野地板に新しい野地板を貼ると、凸凹のせいでしっかりと全面を貼り合わすことが出来ず、新しい野地板が不安定になってしまいます。

そこで、平らで安定した強い野地板を作るために、バラ板に補強垂木を設置して凸凹を調整します。
この作業のことを『不陸調整』と呼びます。
微妙な高さを調節するので、棟から軒に設置した補強垂木の下に、更に木片を差し込んで高さを微調整していきます。
『不陸調整』の出来次第で屋根の完成にも大きく影響が出るので、屋根のリフォーム工事の工程の中ではとても重要な作業です。

屋根のリフォーム工事も中盤、『不陸調整』済のバラ板に新しい野地板を貼ります

奈良市の長屋のリフォーム工事中、屋根の野地板増し張り
屋根のリフォーム工事も中盤です。

平らになったバラ板の上に新しい野地板を『増し張り』します。

新しい野地板には『構造用合板』を使用します。

『構造用合板』は建築物の構造上重要な部位に使用する合板のことで、バラ板と違い隙間なく設置出来るので、防水効果にも優れています。

『不陸調整』を丁寧に施工したおかげで、新しい野地板を綺麗に貼ることができ、強い屋根下地が出来上がりました。

リフォーム工事中の屋根に防水紙(ルーフィング)を貼ります

奈良市の長屋のリフォーム工事中、屋根の防水紙貼り
『不陸調整』によって平らに貼られたリフォーム工事中の新しい野地板に、防水紙(ルーフィング)を貼っていきます。

防水紙はその名の通り、雨水の屋根下地への侵入を防止するための部材です。

防水紙の隙間から雨水が侵入しないように、下から上に、重ね代を10㎝以上取りながら貼っていきます。
大棟は雨漏りしやすい箇所なので、幾重にも重ねて貼っておきます。

『ガルテクト』屋根にリフォーム中!

奈良市のガルテクトへのリフォーム工事中
新しい屋根材の『ガルテクト』屋根へのリフォーム工事が進行中です。

防水紙(ルーフィング)同様に、下から上に貼っていくことで、雨水が屋根材を通過するリスクが低下します。

『ガルテクト』は横葺きです。屋根の長さに合うように切断して、ピッタリと合うように加工していきます。

『ガルテクト』の施工法は嵌合式と言って、上下をはめ合わせて貼るので、一体化されて、風による被害が少なくなります。

どんどん貼り進めていきましょう。

屋根リフォーム工事の仕上げ、大棟に棟板金を設置します

奈良市の長屋のリフォーム工事中、棟板金施工
『ガルテクト』にリフォームされた屋根の大棟を施工していきます。。

軒先から葺き上げられた屋根材を押さえるように、棟部分に貫板と呼ばれる木板を釘で固定します。

『ガルテクト』の棟板金を貫板に被せて、横からビスで固定します。

大棟は、屋根の頂上にあるため、最も風の影響を受けやすく、最も雨水にさらされる場所です。
見えにくく、傷んでいても気づきにくいので、定期的に点検されることをおススメします。
定期点検のご依頼も街の屋根やさん奈良店(0120-303-884)にお任せください!

こちらの工事の詳細は、本日の現場ブログでもご紹介しております。
そちらの記事もお読みいただけたら嬉しいです。

リフォームが完成した屋根の全貌をご覧ください!

【工事完了後】

奈良市の長屋の屋根をガルテクトへリフォーム完成
一番人気の金属屋根『スーパーガルテクト』で、シックでスタイリッシュな雰囲気になり、元の瓦屋根とは全く違う屋根にリフォームされました。

依頼主の大家さんや借主さんもリフォーム後の屋根をご覧になり、雨漏りが止まったことも含めて、大変喜んでいただきました。
奈良市の長屋の屋根の雨仕舞作業
リフォームしていないお隣の屋根との取り合いには、取り合い板金を施工しました。

隣接する屋根の瓦と『スーパーガルテクト』屋根の端には、しっかりと雨仕舞のための水切り板金を設置しておりますので、雨漏りの心配もありません。
奈良市の長屋の隣の屋根との取り合い
反対側のお隣の屋根は、1段高くなっています。

雨押さえ水切り板金を、雨水を軒樋へ誘導するように施工しました。
奈良市の波板屋根をポリカ波板に交換
割れたFRP波板を撤去した部分に、ポリカーボネート製の波板(ポリカ波板)を張り替えました。

ポリカ波板は、耐久性に優れていて、衝撃にも強いと言われています。
透明度はガラス並みで、太陽の光は通すのに紫外線はカットしてくれるので、日焼けを気にする奥様には嬉しいですね。

浮いたり抜けたりしていた傘釘は、全部交換しました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

奈良市トタンの錆びによる補修依頼でスーパーガルテクトに葺き替え

軒先の板金をガルテクトへ葺き替え
スーパーガルテクト軒先へ施工
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築35年
建坪
保証
10年
工事費用
45万円
施工事例

天理市で釉薬瓦からカラーベストへの葺き替えとベランダの波板交換

天理市の屋根葺き替え工事のbefore写真
天理市の屋根葺き替え工事の完成写真
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
カラーベスト ポリカ波板
築年数
築41年
建坪
18坪
保証
10年
工事費用
120万円
施工事例

奈良市で築30年のカバー工法でメンテナンスされた屋根の葺き替え

かわらUを剥がし葺き替え
スーパーガルテクトで葺き替え工事
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルテクト
築年数
築30年
建坪
22坪
保証
10年
工事費用
148万円

同じ地域の施工事例

施工事例

奈良市トタンの錆びによる補修依頼でスーパーガルテクトに葺き替え

軒先の板金をガルテクトへ葺き替え
スーパーガルテクト軒先へ施工
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築35年
建坪
保証
10年
工事費用
45万円
施工事例

奈良市で築31年の釉薬瓦屋根の軒先瓦が落下、補修工事を施工

軽微な軒先の瓦落下の補修
軽微な軒先の瓦落下の補修
工事内容
屋根補修工事
使用素材
釉薬瓦 釉薬瓦 南蛮漆喰
築年数
築31年
建坪
保証
10年
工事費用
10万円
施工事例

奈良市で瓦屋根の修理、雨樋工事と棟瓦取り直し工事で安心の屋根に!

奈良市の雨樋工事 施工前
奈良市の雨樋工事 施工後
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
雨樋交換
使用素材
パナソニック アイアン丸・南蛮漆喰
築年数
築38年
建坪
保証
10年
工事費用
45万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

奈良市の葺き替え工事の桟木

奈良市の長屋で瓦屋根の葺き替え工事を施工中です。前回はメンテナンスした野地板の上に防水紙を設置しました。今回は引っ掛け桟工法(乾式工法)で瓦を設置していく様子を書いていきます。

瓦の撤去と葺き土

奈良市で築32年の赤い陶器瓦屋根の葺き替え工事がスタートしました。印象的な赤い屋根がどんな風に生まれ変わるのか今から楽しみですね。前回は工事までの現場調査から見積もり作成までをご紹介しました。今回は工事開始で解体と撤去作業の様子をご紹介しま...........

奈良市の葺き替え工事で防水紙を敷いているところ

奈良市の瓦屋根の長屋のお住まいで、屋根の葺き替え工事を施工しています。前回は屋根の下地部分で一番重要といわれている野地板のメンテナンスを行いました。今回はメンテナンスされた野地板の上に防水紙(改質アスファルトルーフィング)を設置していきます...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884