オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

三宅町でブルーシートを被せているオレンジ色の釉薬瓦屋根の修繕作業


工事のきっかけ

暴風が吹いた次の日に屋根に上がり様子を見てみると、瓦がなくなっている部分がいくつかあったので、すぐにホームセンターでブルーシートと袋と砂利を買って応急処置をしました。

被害を受けたご近所さんたちはすぐに屋根やさんに頼んで直してもらっていたので、うちも屋根やさんに頼もうと思い、ご近所さんの中で好評だったこちらで、補修をお願いさせていただくことにしました。

三宅町 屋根補修工事,台風

ビフォーアフター

before
三宅町で不具合が起きてる袖瓦の様子
horizontal
after
三宅町でオレンジ色の瓦の修繕作業

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,台風
施工期間
1日間
使用材料
釉薬瓦
施工内容その他
築年数
築41年
保証年数
10年
工事費用
15万円
建坪
ハウスメーカー
三宅町で暴風被害に遭われたお客様よりお電話でお問い合わせを頂き、調査に行って参りました。
瓦の落下や歪みにより下地が見えているということで、雨が降るとただちに雨水が下地へ浸透し、雨漏りする恐れがありました。
しかしお客様がご自身でブルーシートを被せて適切な応急処置をされていたので、雨漏りは生じていませんでした。

この施工事例では、ブルーシートを被せているオレンジ色の釉薬瓦屋根の修繕作業をお届けさせていただきます。
最後までどうぞご覧ください。

屋根調査の様子から見ていきましょう。

三宅町で暴風被害により崩れた瓦の応急処置
屋根に上がらせていただきました。
すると屋根の端の方に大棟から軒先までブルーシートを被せられている箇所を発見しました。

こちらがお客様ご自身で応急処置をされた箇所となります。
不具合が大きい箇所は防水性が高いブルーシートで覆い、土嚢袋に砂利を入れて重しにしてブルシートを固定。
お客様の応急処置は、適切な処置が施されていました。

*応急処置には破れを起こさないように、厚手のブルーシートを使用し雨水の侵入を防ぎましょう。
 ただし、屋根の上での作業は大変危険ですので、専門の業者に依頼されることをおススメします。

ブルーシートの下を拝見いたしました。

三宅町で不具合が起きてる袖瓦の様子
ブルーシートの下は、下地がハッキリと見えてしまっていました。
暴風の際に瓦が落下してしまったり、歪んでしまったりと沢山の不具合を引き起こしてしまったようです。

応急処置により、下地に雨水は行き渡っておらず、幸いにも雨漏りはありませんでした。

もし応急処置が遅れ雨漏りしてしまっていたら、ひょっとすると下地も全て新しいものに変える、葺き替え工事をしなければならなかったかもしれません。。

他にも被害箇所が、、

三宅町で軒先付近に多くの被害を起こした瓦屋根
軒先付近が多く被害を受けてしまっていました。

実は外壁から外に向かって伸びている屋根の軒の出幅が広いお住いは、雨や風から外壁を守ってくれますが、一方で下から吹き上げる風の影響により、軒先が台風や強風、暴風の被害を受けやすくなってしまうのです。

今回のお住いは軒の出幅が広かったことが原因で、このように軒先付近が大きく被害を受けたと考えられます。
三宅町で欠けや割れがあるオレンジ色の瓦屋根の様子
他にも数か所の瓦が、割れや欠けの被害を受けていました。

暴風で飛ばされてきたものに当たって、割れや欠けを生じてしまったのでしょうか。

屋根の状況を見させていただきましたが、このままでは雨漏りを引き起こしてしまう確率が高かったので、修繕作業を行わせていただきます。

修繕作業をお届けいたします。

三宅町で新しい瓦を釘止で設置
袖瓦の修繕作業から行います。

瓦がなくなり、流れ出てしまった葺き土は補充しておきます。

傷みのない瓦についてはそのまま再利用させていただき、瓦が不足している箇所は、新しいものを使用します。

新しい瓦はすごくツヤがありピカピカしていますよね。
釉薬瓦は瓦の形に整えた粘土の上にうわ薬を塗っているため、このようにツヤがあり高級感が溢れているのです。
さらに釉薬瓦はお色も豊富に取り揃えてあることも、人気の一つとなっています。
三宅町で新しい瓦を釘止で設置
野地板に向かって釘を打ち込み、銅線を使って軒瓦を固定していきます。

今回は自然災害により、不具合を生じた釉薬瓦屋根の修繕作業を行わせていただいております。
瓦屋根は他の屋根材に比較すると、衝撃に弱い屋根材ですので、地震台風、強風、暴風などの後は、瓦の割れやズレ等をチェックするようにいたしましょう。
街の屋根やさん奈良店では、無料点検を行っているので是非ご活用ください。
それでは修繕作業後の様子を、どうぞご覧ください。

【工事完了後】

三宅町でオレンジ色の瓦の修繕作業
袖瓦はこのように仕上がりました。

袖瓦も軒先と同じで風の影響を受けやすい箇所となっているため、注意してみてあげるようにしましょう。
三宅町で既存の瓦を差し替え
軒先にあった不具合箇所は傷みや破損のない綺麗な瓦を再利用させていただきました。

ところどころにあった瓦の不具合も、新しい瓦に差し替えさせていただきました。
これにて修繕作業を終了させていただきます。
街の屋根やさん奈良店をご利用いただき、ありがとうございました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

奈良市で築30年のS瓦を予備瓦で補修工事西洋風デザインの家です

棟瓦の剥がれと破損
丸瓦の差し替え補修
工事内容
屋根補修工事
使用素材
瓦・漆喰・モルタル・コーキング材
築年数
築30年
建坪
保証
10年
工事費用
21万円
施工事例

生駒市で築21年の錆びついたトタン屋根を立平葺きでメンテナンス

錆びついたトタンの重ね葺き
ガルテクトの立平葺き
工事内容
屋根補修工事
使用素材
立平葺きガルバリウム鋼板
築年数
築21年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
78万円
施工事例

奈良市で築35年の瓦の修繕と漆喰の詰め直し屋根の寿命が延びます

ケラバの剥がれと破損
ケラバの剥がれと破損
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰詰め増し
漆喰詰め直し
使用素材
漆喰
築年数
築35年
建坪
保証
10年
工事費用
38万円

同じ地域の施工事例

施工事例

三宅町で雨漏りしている和瓦と経年劣化しているトタンの葺き替え

三宅町 立平葺き トタン屋根
三宅町 いぶし瓦 立平葺き完成
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
足場
使用素材
いぶし瓦、立平葺き
築年数
築46年
建坪
保証
10年
工事費用
48万円
施工事例

三宅町で雨漏りでお困りの築30年のスレート屋根を葺き替えました

工事前屋根
工事後写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
築30年
建坪
45坪
保証
10年
工事費用
180万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

隅棟の瓦のズレ

奈良市で築30年のS瓦屋根の経年劣化を新築時の予備瓦でメンテナンスを実施しました。築年数が経過し、点検とメンテナンスを兼ねて当社のHPからオンライン相談を頂き現場調査に行かせて頂きました。屋根の上は実際に登ってみないと具体的な工事内容の提案...........

野地板の重ね張りで補強

生駒市で築21年の錆びついたトタン屋根をメンテナンスしています。トタンの耐用年数を過ぎ全体的に錆びついていた為、今回の工事は立平葺きで施工していきます。前回のブログでは野地板の重ね張りをしていきました。屋根の下地部分になるので屋根の強度にも...........

野地板の重ね張りで補強

生駒市で築21年のトタン屋根の錆びつきをメンテナンスしています。一部ではなく全体的に錆びついており、トタンの耐用年数を過ぎていましたので、立平葺きを施工することになりました。前回は、現場調査後工事のご依頼を頂き、補強垂木で高さの調整を行いま...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884