オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

葛城市で苔や変色、劣化が見受けられた漆喰の詰め直しを行いました


工事のきっかけ

普段から下にある屋根は自分で屋根に上がり、定期的に点検を行っていました。

数日前点検をおこなっていると漆喰から苔が生えていることに気づいたので、慌てて屋根やさんを探しました。

すると街の屋根やさん奈良店が出てきたので、開いてみると漆喰工事という欄があったので、見させていただきました。
漆喰だけの工事ができると書いていましたが、なんの工事が適切か自分では判断できなかったので、とりあえず連絡してみることに。

数日後調査に来てくださり、状況にあった工事を提案してくださったので、こちらで工事をお願いすることにしました。

葛城市 漆喰詰め直し

ビフォーアフター

before
葛城市で下屋根にある漆喰に苔が繁殖
horizontal
after
葛城市で漆喰詰め替え作業完了

工事基本情報

施工内容
漆喰詰め直し
施工期間
1日間
使用材料
南蛮漆喰
施工内容その他
築年数
築47年
保証年数
10年
工事費用
13万円
建坪
ハウスメーカー
葛城市で苔(コケ)や変色、劣化が見受けられた漆喰(しっくい)の詰め直し工事を行わせていただきました。

お客様は以前から下屋根のみ定期的にご自身で点検を行っていたそうで、その際に下屋根に使用されている漆喰に苔が繁殖していることに気づかれました。
慌ててインターネットで根業者を探され、街の屋根やさん奈良店を見つけてご連絡をくださったそうです。

屋根の状況を見させていただくと、本来真っ白なはずの漆喰が変色しており、下屋根に苔が見受けられました。
劣化している漆喰をそのままにしておくと、沢山の不具合を招いてしまう可能性があるため、今回は漆喰の詰め直し工事を行わせていただいたので、ご報告させていただきます。

この施工事例では工事前の様子から、工事後の様子を届けさせていただきます。
どうぞ最後までよろしくお願いいたします。

工事前の大屋根の様子です。

葛城市で大棟の漆喰の無料点検
工事前の大屋根の様子から見ていきましょう。
お住いは見かけることの多い三角屋根(別名 切り妻屋根)で、屋根材は伝統的な瓦屋根です。
瓦屋根は非常に割れやすい屋根材となっているので、慎重に踏み間違いがないように調査を始めさせていただきました。

今回は漆喰の苔がキッカケでご連絡をくださったので、漆喰を重点に置いて調査を行って参ります。
三角屋根は頂点にある大棟一箇所のみとなるので、この大棟に使用されている漆喰を見させていただきます。

大屋根の漆喰調査です。

葛城市で日本瓦屋根の漆喰調査
近くで見させていただくと、本来真っ白のはずの漆喰が少し変色しているのが確認できます。

屋根に使用されている漆喰は室内で使用される漆喰よりも耐候が高いとされていますが、屋根の上は夏の高温や冬の低温などの温度変化が激しく、さらに猛烈な紫外線や強い風に強い雨、、
過酷な環境ですので、月日が経つとどうしてもこのように変色や劣化を生じてしまいます。

瓦屋根は耐用年数が長いですが、漆喰は長くありません。

葛城市で大屋根の棟の漆喰塗り直し
伝統的な日本瓦は非常に、長い耐用年数を誇っています。
長いもので100年持つと言われている瓦屋根ですが、その瓦を固定するために使っている漆喰は、そこまで耐用年数は長くありません。

漆喰が劣化してしまいますと瓦の固定力も弱まり、瓦が動いたりズレてしまったりします。
そうなると落下してしまう危険性が出てきたり、ズレた瓦の間から雨水が浸透し雨漏りが生じるなど、沢山の不具合を引き起こしてしまいます。

普段あまり気にされることのない漆喰ですが、瓦屋根にお住いの方は不具合が起きる前にメンテナンスされることをおすすめいたします。

下屋根の漆喰の調査です。

葛城市で下屋根にある漆喰の劣化
下屋根も大棟同様で、棟の数が一箇所となっております。



下屋根にある漆喰にも変色が生じてしまっていました。
漆喰の剥がれや腐食、変色や苔、カビなどは、漆喰劣化のサインとなるので要注意です。
葛城市で下屋根にある漆喰に苔が繁殖
今回お問い合わせのキッカケとなった、下屋根の苔の様子になります。
お客様は定期的に下屋根の点検を行っていたため、苔の繁殖に気づかれましたが、気づくのが遅れたり、気づかないまま放っておいたりすると、一面苔で覆われてしまっていたかもしれません。

スレート屋根(カラーベスト)や撥水性が悪くなったセメント瓦、日当たりの悪い粘土瓦や、乾きが悪いベランダ、バルコニーなど、、、
上記は非常に苔が繁殖しやすくなっているので、注意してください!!
苔は繫殖スピードが早いため苔を見つけると、早めの処置を行うことをおすすめいたします。
葛城市で下屋根にある漆喰に苔が繁殖
大屋根から下屋根の調査を行わせていただきましたが、全体的に漆喰の変色や劣化、さらに下屋根に苔が繁殖していたので、我々は漆喰の詰め直し工事をご提案させていただきました。


お客様はこの工事に納得し承諾してくださったので、今回は詰め直し工事を行わせていただくことになりました

工事後の様子です。

【工事完了後】

葛城市で大屋根の漆喰詰め替え作業完了
工事後の大屋根の様子になります。

古い漆喰を全て取り除かせていただき、新しい漆喰を詰め直しさせていただきました。
葛城市で漆喰詰め替え作業完了
漆喰の種類は現在使用度が高い「南蛮漆喰」になります。

南蛮漆喰は特殊なシリコンや防水剤が入っているため、瓦の密着性や防水性に優れています。
葛城市で漆喰詰め替え作業完了
苔が繁殖していた、下屋根の完成の様子となります。

しっかりと苔も取り除かせていただき、新しい漆喰を詰め替えさせていただきました。

今回は街の屋根やさん奈良店を選んでくださり、ありがとうございました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

奈良市で瓦屋根の修理、雨樋工事と棟瓦取り直し工事で安心の屋根に!

奈良市の雨樋工事 施工前
奈良市の雨樋工事 施工後
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
雨樋交換
使用素材
パナソニック アイアン丸・南蛮漆喰
築年数
築38年
建坪
保証
10年
工事費用
45万円
施工事例

生駒市で築31年アパート瓦屋根の補修工事は棟瓦と漆喰の取り直し

棟瓦の歪み
面戸の漆喰詰め直し
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
陶器瓦 南蛮漆喰 銅線
築年数
築31年
建坪
保証
10年
工事費用
28万円
施工事例

奈良市で棟瓦・平瓦交換と漆喰詰め直し、屋根補修工事で不具合解消

奈良市の瓦屋根の崩れた棟瓦点検
奈良市の棟瓦の瓦交換
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
陶器瓦・南蛮漆喰
築年数
築37年
建坪
保証
10年
工事費用
30万円

同じ地域の施工事例

施工事例

葛城市の雨漏りは雨漏りリスクランキング第1位の谷樋板金からでした

葛城市の谷樋板金からの雨漏り
葛城市の谷樋板金交換工事完成
工事内容
その他の工事
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築30年
建坪
保証
10年
工事費用
18万円
施工事例

葛城市で強風被害により割れ崩れを起こしてしまった釉薬瓦の補修工事

葛城市でS形瓦屋根の無料点検の様子
葛城市で瓦の補修作業完成
工事内容
屋根補修工事
使用素材
釉薬瓦
築年数
築43年
建坪
保証
10年
工事費用
8万円
施工事例

葛城市の雨漏りの瓦屋根の棟瓦を『ガイドライン工法』でリフォーム!

葛城市 雨漏りの瓦屋根 無料点検
葛城市 雨漏りの瓦屋根 棟瓦取り直し工事完成
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
使用素材
和瓦
築年数
築35年
建坪
保証
10年
工事費用
53万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根面の瓦葺き直し

王寺町で築36年の燻瓦屋根のリフォーム工事を行っています。屋根や外壁を数カ所メンテナンスしていきます。前回は屋根面の瓦の葺き替え作業の様子をご紹介しました。取り合い部分の施工には注意を払い、雨漏りの懸念を払拭。今回は棟瓦の取り直しの様子をご...........

瓦の葺き直しで桟木設置

王寺町で築36年の燻瓦屋根の葺き替え工事を行います。まだまだ感染が続いているCOVID19感染症の懸念をご心配され、オンライン相談からのご連絡でした。当社ではオンライン相談の窓口や電話(0120-303-884)やメールでも承っております。...........

棟瓦の歪み

生駒市で築31年のアパートメント瓦屋根の補修工事を行っています。前回は、隅棟の棟瓦の取り直しを行いました。今回は大屋根部分の棟瓦の一部取り直しと面戸の漆喰の詰め直しを行っていきます。では、工事の様子をごらんください!!

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884