オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください

奈良市の長屋の連棟屋根に防水紙(ルーフィング)を貼っていきます

瓦と葺き土を撤去した屋根です。

土葺工法による瓦屋根が主流だったころは、下葺材として杉皮が使用されていました。

経年劣化による雨漏りの影響で、杉皮は非常に傷んでいました。
防水紙(ルーフィング)貼り
現在の下葺材は防水紙(ルーフィング)です。
原料にアスファルト、ゴム、樹脂などを混ぜ合わせたものを使用し、防水効果は一段と高くなっています。

今回のブログはここまでです。
次回のブログでは屋根材を貼っていきます。

次のブログはコチラ

この工事と同じ工事を行った現場ブログ

  • 街の屋根やさん10のお約束
  • 不安ゼロ宣言
  • リフォーム瑕疵担保保険JIO
  • 充実の長期保証
  • マイスター制度
ここまでやります無料点検
お住まいの地域の屋根工事会社が見つかる街の屋根やさんポータルサイトはこちら
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!
0120-303-884