オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

王寺町の釉薬瓦の入母屋屋根で全ての棟に新しい棟瓦が完成しました


王寺町の雨漏りしている釉薬入母屋屋根のお宅で、棟瓦取り直し工事を行っています。


今回のブログでは、完成した新しい棟瓦と平瓦の補修工事の様子をお届けしたいと思います。

棟瓦を施工しています

大棟

王寺町の大棟の棟瓦取り直し工事中
大棟には隙間があり、この隙間から雨水が侵入しないように防水性を高めるために施工するのが棟瓦です。

大棟に南蛮漆喰を敷き、南蛮漆喰を挟むように熨斗瓦を設置します。
設置した熨斗瓦に南蛮漆喰を敷き、更に熨斗瓦を積み上げます。
これらの作業を繰り返していきます。

施工前、漆喰が崩れていますと説明した漆喰と、今回使用している南蛮漆喰は少し違います。
漆喰とは石灰を主成分とし、のりなどを混ぜ合わせたもので、その漆喰に特殊なシリコンや防水材が入ったものが南蛮漆喰です。
南蛮漆喰は葺き土の代わりとしても使用することが出来るので、漆喰が崩れて葺き土が流出することもなく、雨水に強く、壊れにくくなっています。
最近では、漆喰と葺き土を併用するより耐久性が高く、防水性に優れているため、人気になっています。

隅棟

王寺町の隅棟の棟瓦取り直し工事中
隅棟にも南蛮漆喰を敷き、熨斗瓦を設置していきます。

熨斗瓦は、一枚の瓦を半分に割って使用するもので、瓦の真ん中に割れやすいように線が入っています。

なぜわざわざ割って使用するのか。
製造上の問題で、小さいと生産性が落ちるという理由だそうです。
王寺町の隅棟の棟瓦取り直し工事
熨斗瓦を何層にも積み重ねていきます。

棟に熨斗瓦を乗せる理由の一つは、棟に降り注いだ雨水を屋根面へ流し、棟の下地へ雨水が侵入することを防ぐためです。

もう一つの理由は、熨斗瓦を乗せる棟は屋根の中でも目立つ箇所なので、デザイン性を高めるためでもあるようです。
熨斗瓦の段数が多いほど家が豪華に見えるという効果もありますが、棟が高くなる分風の影響を受けやすくなるため、施工には高度な技術が必要になります。
当店には、瓦の施工を得意とする職人もいますので、安心してご依頼くださいね。

冠瓦の設置

王寺町の棟に冠瓦を設置
熨斗瓦を積み重ねた棟に南蛮漆喰を敷き、冠瓦を置いていきます。
冠瓦には熨斗瓦の頂上に蓋をする役割があり、冠瓦が無ければ棟の頂上からの雨水の侵入を防ぐことが出来ません。

冠瓦の種類で代表的なものは、紐丸瓦と素丸瓦です。
これは、半円型になっているもので、今回の工事で使用している瓦の継ぎ目に盛り上がりがあるものを紐丸瓦、盛り上がりがないものが素丸瓦です。
丸瓦より平たい伏間瓦という種類もあります。

瓦屋根を見つけたら、確認してみても面白いかもしれませんね。

棟瓦取り直し工事の完成

王寺町の棟瓦完成
ビニールテープで養生されていた大棟と隅棟の取り合いには、しっかりを南蛮漆喰を詰め、隙間なく接合することが出来ました。

正面に見えているのが、棟の両端に取り付けた鬼瓦です。
鬼瓦の名前の通り、昔は鬼面が表面に彫られていましたが、見た目が怖いという理由で、鬼以外のデザインの鬼瓦を設置することが増えました。
今では、鬼面の有無にかかわらず屋根の棟の端を飾る瓦を総称して鬼瓦と呼んでいます。
王寺町の隅棟の棟瓦完成
瓦が割れていた入母屋部分の隅棟です。

棟瓦を取り直して、南蛮漆喰を使用して設置しました。

熨斗瓦から冠瓦までを銅線でしっかりと結び、固定しました。

それでは、施工前の棟の状態と見比べてみましょう。
before1
王寺町の大棟の棟瓦施工前
大棟と平瓦の隙間が黒っぽく見えることから、一見して漆喰が崩れていることがわかりますね。
漆喰の崩れによって、雨水の侵入を防ぐ効果が軽減し、雨漏りが生じていました。
horizontal
after1
王寺町の大棟の棟瓦完成
白い南蛮漆喰によって、屋根が引き締まって見えます。

葺き土より耐久性が高い南蛮漆喰を使用して、施工前より熨斗瓦の段数を増やしました。
屋根の形状が格式高い入母屋屋根ということもあり、一段と豪華になりました。

平瓦の補修工事完成

before1
王寺町の平瓦施工前
以前補修した際に、臨時的に差し替えた平瓦は、屋根の綺麗な青色とは全く違った灰色の瓦でした。

いくら屋根の上で、階下からは見えにくいと言ってもこの違いは気になりますよね。
vertical
after1
王寺町の平瓦施工後
既存の屋根と同じ青色の釉薬瓦で、平瓦を差し替えました
屋根全体が同色になったことで、統一感が生まれました。

屋根工事の全工程が完了しました。
雨漏りも止まり、気になっていた色の違う瓦を差し替えて、お客様には大変満足していただきました。

釉薬瓦は、屋根材の中で最も長寿命で長ければ100年持つとも言われますが、漆喰の寿命は約20年程度です。
瓦に大きな不具合が無くても、漆喰には崩れや剥がれが起こっている可能性は大いにあります。
雨漏りが生じる前に発見出来れば、大きな工事をせずに済むかもしれません。
屋根の不具合を早期発見するためにも、定期点検をおススメしています。
当店でも定期点検のご依頼を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

奈良市で長屋の屋根の板金が外れて雨漏りが発生、取り合い板金設置

奈良市の屋根の取り合い板金の破損
奈良市の屋根の取り合い板金完成
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築43年
建坪
保証
10年
工事費用
15万円
施工事例

三宅町でブルーシートを被せているオレンジ色の釉薬瓦屋根の修繕作業

三宅町で不具合が起きてる袖瓦の様子
三宅町でオレンジ色の瓦の修繕作業
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
釉薬瓦
築年数
築41年
建坪
保証
10年
工事費用
15万円
施工事例

広陵町で下屋根にある釉薬瓦の差し替え補修を行いに行ってきました!

広陵町で隅棟付近に瓦の割れ補修跡
広陵町で釉薬瓦の差し替え補修
工事内容
屋根補修工事
使用素材
陶器瓦
築年数
築42年
建坪
保証
10年
工事費用
8万円

同じ地域の施工事例

施工事例

王寺町の入母屋形状の青色釉薬瓦屋根で全ての棟瓦を取り直しました

王寺町の釉薬瓦屋根の棟の取り合い
王寺町の釉薬瓦屋根の棟瓦施工後
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
青色釉薬瓦
築年数
築44年
建坪
保証
10年
工事費用
42万円
施工事例

王寺町で青色釉薬瓦屋根からスーパーガルテクト屋根への葺き替え工事

王寺町の青色釉薬瓦屋根の無料点検
王寺町のスーパーガルテクト屋根完成
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
スーパーガルテクト パナソニック製雨樋PC50
築年数
築43年
建坪
22坪
保証
10年
工事費用
165万円
施工事例

王寺町で築35年のスレートをガルテクトへカバー工法、雨樋補修工事

スレートの棟板金を外しカバー工法
軒先から棟に向けてガルテクト設置
工事内容
屋根カバー工事
雨樋交換
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築35年
建坪
20坪
保証
10年
工事費用
110万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

王寺町の釉薬瓦屋根の棟瓦

王寺町のお客様から雨漏りしているので点検してほしいとのご依頼をいただき、無料点検に伺いました。こちらのお宅は、入母屋形状の青い釉薬瓦屋根で棟瓦と平瓦にズレと歪みがあり、その部分から雨漏りしていることを確認しました。全体的には大きな破損なども...........

奈良市の屋根の取り合いから雨漏り

奈良市の長屋にお住いのお客様から、雨漏りしているので見に来てほしいとご連絡を頂き、早速現地調査にお伺いしました。施工されていた板金が外れてしまったようで、瓦屋根とスレート屋根の境界部分から雨漏りしていることがわかりました。再度取り合い板金を...........

三宅町で台風被害に遭いブルーシートで応急処置

三宅町で少し前に暴風被害に遭われたお客様より、屋根調査のお問い合わせをいただきました。お客様がご自身で屋根の上に上がってブルーシートで補修を行ったそうで、現在の屋根状態は応急処置済みの状態だそうです。しかし下地が見えてしまっている箇所や、瓦...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884