オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください

生駒市で築50年以上の古民家の和風門の屋根瓦を補修していく工事

補修工事
のし瓦の補修をしていく前です。
のし瓦が欠けてしまって、冠瓦が割れてしまっていました。
このままでは雨漏り被害が発生します。

のし瓦とは短冊状の瓦部分の事です。
段数が多いほど屋根下地への雨水侵入を防ぐことができます。

補修工事
破損部分に新しいのし瓦を重ねていき
しっかりと漆喰を詰めて固定していきました。
その上から新しい冠瓦を設置していきまして
銅線でさらにしっかりと固定していきました。

雨漏りから屋根を守ってくれる役割があるので
破損のままで放置することはやめておきましょう。

補修工事
遠目に見ても歪んでいるのがわかります。

土をすべて撤去して、新しい下地を入れ
新しい丸瓦を設置して漆喰で固定していきました。

補修工事
歪みも解消されて、しっかり固定をしました。

定期的に点検をしていても、いつかは寿命があります。
そのときには部分的に補修するのか全部葺き替えるのか
業者との話し合いでしっかりと決めてください。

被害が拡大するのでそのまま置いておくのだけはやめてください。


この工事と同じ工事を行った現場ブログ

  • 街の屋根やさん10のお約束
  • 不安ゼロ宣言
  • リフォーム瑕疵担保保険JIO
  • 充実の長期保証
  • マイスター制度
ここまでやります無料点検
お住まいの地域の屋根工事会社が見つかる街の屋根やさんポータルサイトはこちら
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!
0120-303-884