オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

奈良市で長屋の瓦屋根を修理しました


工事のきっかけ

ずいぶん前に天井の所々にシミを発見して気にはなっていましたが、忙しくて後回しになっていました。

最近になって、畳に水濡れを見つけたのですが、それでも、まだ大丈夫と放っておいてしまいました。
すると、先日のゲリラ豪雨の際に、天井から雨水が室内に落下してきて、驚いて屋根の修理をしてくれるところを探していて、御社のホームページにたどり着きました。

私の口調が切羽詰っていたのか、その日のうちに現場調査に来てくれてうれしかったです。

屋根のことや家のことをわかりやすく説明してくれたので、思い切って屋根の修理に踏み切ることができました。

奈良市 屋根補修工事,屋根葺き替え,屋根葺き直し 屋根修理工事

ビフォーアフター

before
大棟
horizontal
after
連棟屋根完工

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,屋根葺き替え,屋根葺き直し
施工期間
7日
使用材料
カラーベスト
施工内容その他
屋根修理工事
築年数
築40年
保証年数
10年
工事費用
82万円
建坪
21坪
ハウスメーカー
こんにちは!街の屋根やさん奈良店です

今回は、奈良市で築40年の長屋の連棟の瓦屋根のお客様からご依頼いただいた屋根修理工事についてご紹介します。

元々、天井にシミがあることは気づいておられたそうですが、先日のゲリラ豪雨の際にとうとう室内に雨漏りし始めて、大慌てで屋根修理を依頼できるところを探されたところ、当社のホームページを見つけてご連絡いただいたそうです。

今まで一度も屋根の修理らしい修理をしたことがなかったとのことで、屋根材の瓦がどういう状態になっているのかとても不安を持っておられるようでした。

早速、屋根修理の現場へ無料点検に伺いました。

屋根修理の現場に無料点検に伺いました

屋根修理の点検のため、屋根に上ってみました

奈良市の屋根修理の現場調査
屋根修理の点検のため、屋根に上ってみました。

屋根の形状は切妻で、屋根材は和瓦でした。
経年劣化と修理不足のため、瓦のズレや割れがあちらこちらに見受けられました。

大棟の棟瓦と平瓦の隙間の漆喰も劣化し、剥がれてしまったことも、雨漏りの要因かもしれません。

屋根修理点検の結果、瓦の劣化が激しく瓦の再利用が難しいことや部分修理では雨漏りを修復しきれないことなどから葺き替え工事をご提案させていただきました。
修理点検時の写真をご覧になったお客様は屋根の劣化具合に驚かれて、葺き替え工事をご決断されました。

こちらのお宅の瓦屋根は土葺き工法で屋根が重いため、新しく葺き替える屋根材には、地震対策のため瓦より軽量のカラーベストをおススメし、屋根修理の依頼をいただくことが出来ました。

屋根修理のための葺き替え工事を始めます

屋根修理の開始は瓦の撤去から・・・

屋根修理のための瓦撤去
屋根修理はまず瓦の撤去から始めます。

今回修理する屋根のように土葺き工法で施工されている屋根は、瓦の下に葺き土と呼ばれる土が敷かれ、葺き土の粘着力のみで瓦が固定されています。

土葺工法の葺き土は室内の湿気を排出してくれたり、室温の上昇を抑える役割をしてくれたりと呼吸する屋根と呼ばれて重宝されていましたが、震災時に屋根の瓦の多くが落下したり、葺き土と瓦の重さで屋根が倒壊するなどの大きな被害が出たため、最近の新築では土葺き工法で瓦屋根を施工することはなくなりました。

葺き土は、経年によって粘着力を失ってしまいます。

屋根修理工事中!これが昔のルーフィングです

屋根修理のための杉皮撤去
瓦と葺き土を綺麗に撤去すると、その下には下葺材として杉皮が敷かれていました。
築40年ともなるとその下葺材の劣化具合には驚きました。

これが現在の防水紙(ルーフィング)の役目を果たしていたのですから、雨漏りしたのも納得です。

そろそろ屋根修理の時期だったということでしょう。

昔の土葺きの瓦屋根では、下葺き材に杉皮が使用されていることが多く、葺き土同様に呼吸する屋根にとっては重宝された部材でした。
エアコンなどの空調設備のない時代では、自然に外気を取り込んだり逃がしたりするための工夫と言えそうですね。

バラ板の野地板は抜け落ちている箇所がありました

屋根修理工事の工程でバラ板が登場
下葺き材の杉皮を撤去するとバラ板が見えてきましたが、腐食して板が抜け落ちているところがありますね。

現在の構造用合板のようにしっかりした合板でなく、このような薄いバラ板を野地板として使用していました。

バラ板と呼ばれるようにサイズが均一ではなく、隙間を開けて設置することで通気性を良くして乾燥を促す効果があります。
そのため、バラ板の耐用年数は約40年とも言われています。

近年は防水紙の性能が向上して乾燥よりも防水に重きを置く傾向にあり、野地板には構造的に強い構造用合板が使用されています。

屋根修理の重要作業!不陸調整をしていきます

屋根修理工事の工程で垂木設置
バラ板は撤去せず、新しい野地板を張る『増し張り』をします。

ただ、土葺きの瓦屋根の場合、長年の屋根の重みでバラ板に歪みやたわみが生じ、こちらの屋根には腐食による抜けもあることから、このままでは新しい野地板を平らに貼ることが出来ません。
そのため、屋根の一番下にある垂木に沿って補強垂木と言う細い木材を設置し、木材を挟んで屋根の下地の高さを調整して平らしていきます。
この作業を「不陸調整」と言います。

屋根修理の作業の中で最も需要と言える工程で、新しい屋根材を平滑に貼っていくために必ず行います。

新しい野地板(構造用合板)を貼っていきます

野地板を張って屋根修理
不陸調整をした屋根に新しい野地板として構造用合板をを隙間なく貼っていきます。
バラ板の野地板とは大違いです。

構造用合板は建物の重要な部分に使用することを目的とした合板で、強度を高めるために奇数枚のベニヤ板を繊維方向が交互になるように接着しています。
構造用合板にはサイズや厚さ・品質などたくさんの種類がありますが、当店ではJAS規格によって認定されたものを使用しています。

屋根修理中の屋根に防水紙(ルーフィング)を貼っていきます

防水紙(ルーフィング)張って屋根修理
野地板(構造用合板)の上に、防水紙(ルーフィング)を貼っていきます。

防水紙(ルーフィング)は、屋根材の隙間を通り抜けた雨水や埃などを屋内に侵入させないためにとても重要なものです。
屋根を守る最後の砦と言っても過言ではありません。

軒先から棟に向かって重ねながら丁寧に隙間なく貼っていきます。
大棟には幾重にも重ね貼りをして防水効果を高めます。

当店で標準で使用する防水紙は、温度変化に強く、耐久性に優れた高品質の改質アスファルトルーフィングです。

屋根修理の完成した屋根の様子をご覧ください

【工事完了後】

屋根 完工
経年劣化により色あせていた和瓦からすっかり洋風の屋根に生まれ変わりました。

土葺きの屋根に比べて、屋根の重量が大幅に軽減されたことにより、地震の際の建物の揺れを抑えることが出来ます。
耐震対策としても、今回の工事は有益でしたね。
連棟屋根 完工
お隣との屋根の取り合いはしっかりと板金を被せて、この工事で雨漏りを生じさせることなど無いよう丁寧に施工しました。

お隣の屋根と比べるとずいぶん変わったな~って感じますよね。

雨漏りが止まり、お客様にも大変喜んでいただきました。

屋根のメンテナンスや修理は、街の屋根やさん奈良店(0120-303-884)にご相談ください!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

大和郡山市で築38年の瓦屋根が風の影響で剥がれ袖瓦の補修を施工

袖瓦の修繕足場設置
袖瓦の補修工事完了
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
足場
使用素材
瓦 葺き土 漆喰
築年数
38年
建坪
保証
10年
工事費用
25万円
施工事例

奈良市で棟瓦・平瓦交換と漆喰詰め直し、屋根補修工事で不具合解消

奈良市の瓦屋根の崩れた棟瓦点検
奈良市の棟瓦の瓦交換
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
陶器瓦・南蛮漆喰
築年数
築37年
建坪
保証
10年
工事費用
30万円
施工事例

奈良市で築30年のS瓦を予備瓦で補修工事西洋風デザインの家です

棟瓦の剥がれと破損
丸瓦の差し替え補修
工事内容
屋根補修工事
使用素材
瓦・漆喰・モルタル・コーキング材
築年数
築30年
建坪
保証
10年
工事費用
21万円

同じ地域の施工事例

施工事例

奈良市で長屋の大屋根・差し掛け屋根の葺き替え・下屋のカバー工事

切妻屋根の棟瓦とシート
横葺き工法で葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
屋根カバー工事
足場
使用素材
ガルバリウム製横葺き板金
築年数
築36年
建坪
16坪
保証
10年
工事費用
100万円
施工事例

奈良市で入母屋屋根をガルテクトへ葺き替え、下屋とバルコニーも補修

和瓦屋根の経年劣化
長屋の一棟にガルテクト
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築38年
建坪
20坪
保証
10年
工事費用
180万円
施工事例

奈良市で棟瓦・平瓦交換と漆喰詰め直し、屋根補修工事で不具合解消

奈良市の瓦屋根の崩れた棟瓦点検
奈良市の棟瓦の瓦交換
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
陶器瓦・南蛮漆喰
築年数
築37年
建坪
保証
10年
工事費用
30万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

袖瓦の修繕足場設置

大和郡山市で築38年の瓦屋根の右端の瓦が剥がれている、とご相談が入りました。オンライン無料相談から連絡が入り、お話を聞くとケラバ部分の袖瓦のことでした。現場調査や無料見積もりから工事完了までの様子をご紹介していきます。では工事の様子をご覧く...........

奈良市の和瓦屋根の歪んだ隅棟

奈良市で雨が降るとポタポタ雨音がすると雨漏りを心配されていたお客様からのお問い合わせで伺った現場で、雨漏り点検の結果、漆喰工事と雨樋交換工事をお任せいただきました。前回のブログでは雨漏り点検の様子をご紹介しました。雨漏り点検の詳細はコチラを...........

奈良市の瓦屋根の棟瓦点検

奈良市で瓦屋根のお客様から、屋根の下で瓦の欠片を見つけたことによる雨漏りの不安でご連絡をいただきました。瓦は屋根材の中でも最も長寿命で、部分的に瓦交換することが出来ます。棟瓦と平瓦の隙間の漆喰の寿命は瓦ほど長くないので、詰め直しで不具合を解...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884